魚介の臭み感じぬワイン キリンなど原因の鉄分除去

2012/4/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

魚介類を食べながらワインを飲むと強く感じることがある生臭みを、感じさせないワインの製造技術をキリンホールディングスとメルシャンが4日までに開発した。臭さの原因がワイン中の鉄分であることを突き止め、アルコールで死滅させた酵母を使って安全かつ少ない費用で鉄を除去する。イクラやウニなどとも合うワインの開発につなげる。

研究チームはワイン中に含まれる2価の電荷を持つ鉄イオンが、魚卵や干物の過酸化脂質と結…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]