/

消火訓練で10人やけど 滋賀、アルコールが飛散

4日午前6時40分ごろ、滋賀県東近江市小脇町のグラウンドで、自治会の消火訓練中に火の付いたアルコールが飛び散り、10人が負傷した。このうち女子児童2人を含む3人が重いやけどで重傷を負った。東近江署が原因を調べている。

東近江署によると、重傷を負ったのは小学1年の女児(6)と小学2年の女児(8)、東近江市消防団員の男性(50)。ほかの7~70歳の計7人は軽傷だった。

グラウンドには小学生から高齢者まで約150人がいた。火を消火器で消す訓練のため、縦60センチ、横90センチ、深さ20センチの鉄製オイルパンに燃料のエタノールを入れて準備をしていた。消防団員がエタノールを注入した際に何らかの原因で引火し、周囲に飛び散ったとみられる。

消防団によると、聞き取りに対し消防団員は「訓練のリハーサルが終了した後、火が消えていることを手をかざして確認し、訓練の本番のためにオイルパンにエタノールを注ぐと爆発的な燃焼が発生した」と説明した。

東近江市と消防団は記者会見を開き、エタノールを注ぐ前のオイルパンの確認が不十分だったと釈明。植田藤男団長は「大変残念。今回のようなことは今までなかったし、想定もしていなかった」と述べた。

訓練に参加した住民によると、重傷の女児らは参加者の前列で、オイルパンからは3~4メートルの距離にいた。火だるま状態になり、住民らが水をかけ、消火した。

東近江市によると、訓練は地元の自治会が主催。自治会の申請を受け、市の消防団員3人が訓練を指導していた。

グラウンドの近くに住む女性(56)によると、訓練は毎年夏、朝のラジオ体操が終わってから町内で実施。女性は当時、自宅にいたといい「ボンという音と『わー』という声を聞いて外を見ると、周囲の大人が子供に水をいっぱいかけているのが見えた」と語った。

現場はJR近江八幡駅の東約7キロで住宅や田畑が点在する地域。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン