/

オウム菊地容疑者 訪問介護会社で勤務「まじめで明るい」

(更新)

「遅刻もせず、まじめで明るい性格だった。昨日もいつも通り出勤していたので、ただびっくりしている」。菊地直子容疑者(40)は2年前から、名前や年齢を偽って相模原市の訪問介護会社で勤務していた。

同社従業員の男性(37)によると、菊地容疑者は2010年7月、本社事務所で経理担当のアルバイトとして働き始めた。男性が、高齢者住宅の内装工事を通じて知り合った高橋寛人容疑者(41)=犯人蔵匿容疑で逮捕=に「経理ができる人はいないか」と尋ねたところ、菊地容疑者を紹介された。

菊地容疑者は「桜井千鶴子」と名乗り、年齢についても今年に入って「44歳」と偽っていた。

本人の希望もあって、菊地容疑者は今年1月、市内で講習を受けて介護ヘルパー2級の資格を取得。同社の住宅内で高齢者の排せつや食事の世話なども担当していた。男性は「サービス利用者にも敬語で接し、丁寧な仕事で評判は悪くなかった」と振り返る。

経理の仕事と合わせて勤務は週6日で、給料は月13万~14万円。昼食は手作りの弁当を用意するなどし、服装も質素だった。自宅は事務所に隣接する一戸建て。男性が昨年末ごろ、お茶に誘われて居間に入ったところ、きれいに整頓され、オウム真理教をうかがわせるものは何もなかった。

「前の職場の倉庫会社で夫(高橋容疑者)と出会った」と話す以外、過去の話や生い立ちについての話はしなかったという菊地容疑者。普段は眼鏡をかけていたが、人目を避けるようなそぶりはなく、今後について「長く働きたい」と語っていたという。

菊地容疑者と親しかった同僚の女性従業員は「とてもきれいで、頭も切れてきぱき行動する人。みんなが頼りにしていた」と話す。今年2月には相模原市内のチェーン店で女性従業員による「女子会」を開催。菊地容疑者も参加し、楽しそうにカクテルなどを飲んでいた。普段は「カップ麺が好きだ」などとも話していたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン