房総半島、延宝年間に17メートルの津波 東北学院大など解析

2014/5/4付
保存
共有
印刷
その他

1677(延宝5)年に千葉県房総沖を震源とする延宝房総沖地震で発生した津波の高さが、同県銚子市の沿岸の一部で約17メートルに達していたとの解析結果を、東北学院大や東北大などのチームが古文書や津波堆積物の調査などから4日までにまとめた。波が陸をさかのぼる「遡上高」も最大20メートルに達したとみられる。

政府の中央防災会議は、ほぼ同じ震源域で起きると想定される房総沖地震が、首都圏などに大きな津波をも…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]