運転手に「大丈夫か」 夜行バス事故で死亡の男性

2014/3/4付
保存
共有
印刷
その他

富山県小矢部市の北陸自動車道の小矢部川サービスエリア(SA)で起きた宮城交通(仙台市)の夜行バス衝突事故で、死亡した乗客で私立金沢高校教諭の小野善広さん(48)=金沢市=が事故直前、座席から立ち上がり小幡和也運転手(37)=死亡=に「起きろ、大丈夫か」などと声を掛けていたという複数の乗客の証言があることが4日、捜査関係者への取材で分かった。

富山県警によると、小野さんは最前列左側の座席に乗っていた。小幡運転手の異変にいち早く気付き、起こそうとしたとみられる。県警は、事故車両を実況見分するなどして詳しい状況を調べる。

県警によると、バスは事故現場から600メートル手前の高速道路本線左側と、160メートル手前のSA進入路右側のガードレールに接触していた。目撃者などによると、バスはその後、猛スピードでSAに進入し、駐車中の大型トラック2台に相次いで衝突したとみられる。

県警は小幡運転手が居眠りをしていたか、体調が急変した可能性があるとみて自動車運転過失致死傷容疑などで捜査している。

国土交通省東北運輸局は4日、前日に続いて、宮城交通の仙台南営業所(宮城県名取市)を道路運送法に基づき特別監査した。運転手の勤務状況や健康管理に問題がなかったか検証する。

事故は3日午前5時10分ごろ発生。バスの乗客10人が重傷、トラックの運転手を含む14人が軽傷を負った。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]