筑波大、ミトコンドリア病予防技術を開発

2014/2/4付
保存
共有
印刷
その他

母から子に遺伝し、脳や筋肉などに異常が現れるミトコンドリア病の発症を防ぐ技術を筑波大の林純一教授の研究グループが開発した。体外受精して3日ほどたった初期胚の遺伝子を診断し、ミトコンドリアという細胞内の小器官にあるDNAで突然変異を起こした割合が低ければ、母親の体に戻す。成果は4日の米国科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

ミトコンドリアは1つの細胞に数百個あり、エネルギーを生み出す役目を持つ。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]