/

白髪や脱毛、原因は特定コラーゲン不足

東京医科歯科大など解明

東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、毛根にある「17型コラーゲン」というたんぱく質が不足すると、白髪や脱毛の原因になることをマウスを使った研究で突き止めた。コラーゲンを多く含む食品を食べても白髪や脱毛は防げるわけではないが、17型の生成を促す物質を治療薬などに使える可能性がある。米科学誌セル・ステム・セルに掲載された。

西村教授と北海道大学、金沢大学の研究チームの成果。毛根の17型コラーゲンが不足すると若いうちから白髪や脱毛を引き起こすという。若いマウスを遺伝子操作して同コラーゲンを作れないようにすると、半年以内に白髪が目立ち約10カ月で全身の毛が抜けた。通常のマウスは寿命を迎える生後2~3年頃に白髪が出るが、全身の毛が抜ける例はほとんどない。

毛を作る細胞を生み出す「毛包幹細胞」は17型コラーゲンを作りだし、自らを維持するのに使っている。毛包幹細胞は毛の色素ができる仕組みにも重要な役割を果たすため、17型が不足し同細胞がなくなると白髪が増えると考えられるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン