/

海に放出目指す地下水からセシウム 東電、測定ミス

東京電力は3日、福島第1原発で増え続ける汚染水を減らすため、敷地内の井戸でくみ上げ海への放出を目指している地下水について、これまで放射性セシウムが検出限界未満だったとする検査は測定方法に誤りがあり、再測定の結果、1リットル当たり0.61ベクレル検出されたと発表した。

東電によると、測定する地下水自体が放射線を遮る効果を考慮せず、測定機器周りの放射線による影響を過大評価するミスにつながり、測定結果が実際より低くなってしまったという。

地下水をためた一時貯留タンクの水を4月16日に採取し、第1原発内の測定機器で調べたところセシウムは検出限界未満だった。5月30日に原子力規制庁から測定方法に問題があるとの指摘を受け、空間放射線量が低い福島第2原発で同じ試料を再測定すると、6月3日にセシウム134が1リットル当たり0.22ベクレル、137が0.39ベクレルとの測定結果が出た。

東電は海への放出の条件を、地下水1リットル当たり放射性セシウム137が1ベクレル未満としているが、これは下回った。

地下水が原子炉建屋に流入しないよう迂回して海に放出する「地下水バイパス」をめぐっては、地元漁業者から海洋汚染や風評被害への懸念の声が上がっている。

東電は7日と13日、福島県内で漁業者に対し、今回のミスを含めて地下水バイパスに関する説明を行う予定で、「関係者に対し、地下水放出の前には毎回、一時貯留タンクの水を検査することをしっかり説明したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン