/

福島の牛肉からセシウム130ベクレル 県が出荷自粛を要請

福島県は3日、郡山市の農家がさいたま市の食肉市場に出荷した牛肉から、国の食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える130ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。牛肉は9月まで旧基準値の500ベクレルが暫定的に適用されるが、県はこの農家に出荷自粛を要請した。福島県の牛肉で100ベクレルを超えたのは4月以降2例目。

6月に同県二本松市の繁殖農家から購入した牛で、郡山市の農家はほかに6頭を出荷していたが、いずれも検出限界以下だった。

県によると、繁殖牛には3月まで1キログラム当たり3千ベクレル以下の餌を与えることが認められており、繁殖農家での餌が原因だった可能性があるとしている。郡山市の農家は繁殖農家から「半年以上きれいな餌を与えていた」と説明を受けていたという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン