/

牛用飼料は100ベクレルに、セシウム暫定規制値下げ 食品で厳格化

農林水産省は3日、牧草や稲わらなど牛用飼料の放射性セシウムの暫定規制値を現行の1キログラム当たり300ベクレルから100ベクレルに引き下げると発表した。食品の規制値が4月1日から厳しくなる予定のため。遅くとも乳牛は3月15日、乳牛以外は3月31日までの切り替えを求める。

豚や鶏、養殖魚などの飼料に対する暫定規制値も2011年度内に改定する。4月から適用される食品の新規制値は牛乳が1キログラム当たり50ベクレル、牛肉など一般食品は100ベクレル。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン