/

この記事は会員限定です

横浜市、先端研究者を高校教師に 研究職と兼務可能

[有料会員限定]

横浜市は市立高校の特別非常勤講師として「先端科学技術研究者」枠を設定、来年から2人を採用する。教員免許を持たなくてもよく、市立横浜サイエンスフロンティア高校(鶴見区)でゼミ形式の授業を担当する。近く募集を開始、週2日勤務で先端研究を続けながらの勤務もできる。

文部科学省によると、先端分野に絞った研究者の教員採用は異例。博士課程に進んだ若手研究者の就職先が見つからないポスドク(博士研究者)問題解消の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン