弁護側、同意殺人罪の適用主張 平塚同居男性殺害初公判

2012/9/3付
保存
共有
印刷
その他

同居していた男性を殺害し、遺体を切断して捨てたとして殺人と死体損壊・遺棄罪に問われた神奈川県平塚市の元介護施設職員、中山宏子被告(56)の裁判員裁判初公判が3日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)で開かれた。中山被告は「殺して遺棄したことは間違いない」と述べ、弁護側は「殺害は寝たきりだった男性との間に同意があった」として同意殺人罪の適用を主張した。

起訴状によると、中山被告は昨年9月、体調を崩して自宅療養していた内縁の夫で無職、志村寛治さん(当時66)に睡眠薬を飲ませて眠らせ、首を絞めて殺害。遺体を包丁やのこぎりで切断し、自宅近くの駐車場などに遺棄したとしている。

昨年10月に遺棄した一部が見つかり、事件が発覚。中山被告は神奈川県警に逮捕された後の調べに「志村さんの看病に疲れ、楽になりたかった」などと供述していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]