免疫細胞の能力回復 東大など、iPS化で若返り

2013/1/4付
保存
共有
印刷
その他

東京大学の中内啓光教授らは、体の免疫細胞からiPS細胞を作製し、これから再び増殖力に優れた免疫細胞を作ることに成功した。iPS細胞化することで細胞が若返った。がん細胞やウイルスへの攻撃力が高まるとみている。がんなどを患うと体の免疫細胞が疲弊して弱ってしまうが、新手法で免疫能力を回復できる可能性がある。

成果は米科学誌セルステムセルに4日、掲載される。

研究チームはエイズウイルスに感染した患者の血液から「細胞障害性T細胞」と呼ぶ免疫細胞を取り出した。この免疫細胞はウイルスに感染した細胞やがん細胞の目印を認識して攻撃するが、慢性疾患では老化が進み、体の免疫力は弱まる。

免疫細胞に遺伝子を導入してiPS細胞に変え、培養して再び免疫細胞に育てることに成功した。もとの免疫細胞が持っていた、ウイルスに感染した細胞を見つける能力も維持できた。細胞の若さの指標となる増殖力は数十倍から数百倍になっていた。

若返らせた免疫細胞を体内に戻せば、体の免疫機能を回復できる可能性がある。

細胞の若返りには12週間かかるが、ウイルスなどに対抗できる免疫細胞をあらかじめそろえて保存した「細胞バンク」を用意しておけば6週間に半減できる。

今後、患者の体内に戻した若返った免疫細胞が実際に働くことを確認し、早期に病気に対抗する効率的な新しい免疫療法につなげる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]