775年、地球に大量の宇宙線 屋久杉から解明
名古屋大

2012/6/4付
保存
共有
印刷
その他

名古屋大学の増田公明准教授らは、775年に宇宙から大量の宇宙線が地球に降り注いだことを、屋久杉の年輪の分析から突き止めた。宇宙線の量は太陽の活動や超新星爆発などの影響を受けるが、これまで知られている現象では説明がつかないほど急増していた。当時、地球を取り巻く環境が大きく変わった可能性がある。

論文が4日、英科学誌ネイチャーに掲載される。

宇宙線が地球に降り注ぐと、その影響で大気中の放射性炭素が増えて木の中にたまる。研究チームは樹齢1900年の屋久杉の年輪を調べた。奈良時代の775年の放射性炭素の量が1年で1.2%と増え、通常の太陽活動の影響と考えられる増加量の20倍だった。

これまで10年単位で過去の放射性炭素の変動は分析されていたが、1年単位で細かく調べると、地球環境をより正しく知ることができ、将来の環境変化の予測に役立つとみている。

訂正>4日2:04公開の「775年、地球に大量の宇宙線」の記事中、「12%」とあったのは「1.2%」の誤りでした。(2012/6/4 21:07)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]