2019年8月26日(月)

シンドラー社エレベーター事故で独自調査 消費者事故調が方針

2013/8/3付
保存
共有
印刷
その他

東京都港区のマンションで2006年に発生したシンドラーエレベータ社製エレベーターの死亡事故について、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は3日までに、保守点検や管理体制に問題がなかったかを独自に調べる方針を固めた。

事故ではエレベーターの扉が開いたままかごが上昇し、男子高校生が挟まれて死亡した。遺族が昨年11月に消費者事故調に調査を申し立てていた。

消費者事故調はブレーキの摩耗が原因と指摘した国土交通省の調査を検討。再発防止の観点から、事故の直接的な原因だけでなく、不具合の情報を事故防止につなげるなど保守管理の側面でも調査が必要と判断した。

消費者事故調は09年に東京・汐留のビルのエスカレーターで男性が転落死した事故についても、独自に調べるとの評価書をまとめている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。