2019年2月19日(火)

トンネル崩落、復旧のメド立たず 死者9人

2012/12/3付
保存
共有
印刷
その他

山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で、県警などは一夜明けた3日も救助作業を続けた。下敷きになったレンタカーのワゴン車から5人の遺体を発見するなど、確認された死者は計9人となった。県警は他に巻き込まれた車両はないとみている。中日本高速道路会社によると、通行止めとなった一部区間の復旧の見通しは立っていない。国内の物流や観光にも影響が出る可能性はある。

中央自動車道上り線の笹子トンネル出口付近。左は下り線(3日午前、山梨県大月市)=共同

中央自動車道上り線の笹子トンネル出口付近。左は下り線(3日午前、山梨県大月市)=共同

中日本高速道路は3日午前の記者会見で、事故現場でトンネル最頂部と天井板を支えるつり金具をつなぐボルトが抜け落ちているのが見つかったことを明らかにした。ボルトの脱落が大規模な崩落につながった可能性があり、同社は「老朽化が(脱落の)大きな要因」とみている。

県警は近く、中日本高速道路などを業務上過失致死傷容疑で家宅捜索する方針を固め、定期点検に問題がなかったかなどを調べる。

県警などによると、ワゴン車の5遺体は、自力で脱出した神奈川県三浦市の女性銀行員(28)の同行者で、東京都在住の20代の男性3人、女性2人とみている。

別の乗用車からも3人の遺体を確認。山梨県在住の60~70代の男性1人、女性2人とみられる。冷凍冷蔵トラック内では1人が死亡しており、山梨県甲斐市の男性会社員(50)と判明した。

崩落した笹子トンネルの視察を終え、消防隊員らに頭を下げる羽田国交相=中央(3日、山梨県大月市)

崩落した笹子トンネルの視察を終え、消防隊員らに頭を下げる羽田国交相=中央(3日、山梨県大月市)

羽田雄一郎国土交通相は3日午前、現場を視察。中日本高速道路の金子剛一社長も現場に向かった。

中央道は上り線が一宮御坂―大月ジャンクション(JCT)間、下り線が大月JCT―勝沼間で通行止めになっている。

事故は2日午前8時ごろに発生。東京側出口から約1.7キロ付近で、コンクリート製の天井板が110メートル以上にわたり崩落した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報