/

横浜の弁護士殺害 男が階段を駆け下り逃走

横浜市中区の法律事務所で2日、弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、前野さんを刺した男が事務所が入居するビルの外階段を駆け下り、県庁のある北東方向に逃走するのが目撃されていたことが3日、神奈川県警への取材でわかった。

凶器は大型のサバイバルナイフのような刃物で、男が手袋をしていたことから、県警加賀町署は前野さんの業務をめぐるトラブルから、男が計画的に犯行を実行した可能性があるとみて調べている。

加賀町署などによると、女性事務員が外出先からビル9階の事務所に戻ったところ、前野さんが男ともみ合っており、警察への通報を依頼。事務員が同ビル隣のホテルに駆け込んで110番している間に、前野さんが男に刺された。その後、男が階段を駆け下りて走り去るのを事務員らが目撃したという。

加賀町署員が駆けつけた際、前野さんは腹部を刺されてすでに重体で、室内に刃物が残されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン