朝鮮学校無償化「可否、そろそろ判断」 田中文科相

2012/10/3付
保存
共有
印刷
その他

田中真紀子文部科学相は2日の閣議後の記者会見で、朝鮮学校への高校授業料無償化制度の適用の可否について「そろそろ政治的な判断をこの内閣がする時期に来ている」と述べた。近く結論を出す可能性がある。

ただ可否については「反対と賛成の両意見をよく聞いて考えたい。私一人でフライングはできない」とし、最終的には野田佳彦首相の判断を仰ぐ考えを示した。

朝鮮学校への適用審査手続きは2010年11月の北朝鮮による韓国砲撃を受けて停止したが、11年8月に当時の菅直人首相が再開を指示した。同省が設けた専門家会議が審査しているが、結論は出ていない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]