「内柴被告から5万円」と被害者 地裁公判

2012/11/2付
保存
共有
印刷
その他

指導していた大学の女子柔道部員を未明に合宿先のホテルで乱暴したとして、準強姦罪に問われたアテネ、北京両五輪の金メダリスト、内柴正人被告(34)の第2回公判が2日、東京地裁(鬼沢友直裁判長)であった。非公開の証人尋問で被害者が「被告から5万円を渡された。周りには言わない方がいいと口止めされた」と述べた調書の要旨が読み上げられた。

証言要旨によると、事件当日の朝になって、被告は合意があったことを確認しようとしたが、強く否定すると「うそはつけないな。ごめん」と謝罪されたとも訴えた。昼にはレストランで「俺が悪いから返さなくてもいい」と言われ、交通費として5万円を渡された、と主張した。

事件当日に同じホテルで被告と関係を持ったとする別の女子部員の証人尋問調書も朗読された。就寝中に乱暴されてほとんど抵抗できず、被害届を出したが「話すのもつらかったため取り下げた」と明かしていた。

尋問は10月上旬、被告も立ち会って熊本地裁で実施。被告は「合意の上だった」と無罪を主張している。第2回公判では発言の機会がなかった。

起訴状によると、熊本県内の大学柔道部の合宿に帯同していた内柴被告は昨年9月20日未明、東京都八王子市のホテルで、酒に酔って熟睡し抵抗できない部員を乱暴したとしている。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]