2019年7月22日(月)

埼玉・千葉で竜巻か、67人重軽傷 500棟以上に被害
越谷市や野田市

2013/9/3付
保存
共有
印刷
その他

2日午後2時ごろから同2時半ごろにかけて、埼玉県越谷市と千葉県野田市などで竜巻とみられる強烈な突風が発生し、67人が重軽傷を負った。住宅の屋根が飛ばされたり、ガラス戸が割れたりして500棟以上に被害が出た。住民らは避難所で不安な一夜を過ごした。

埼玉県越谷市内で竜巻とみられる突風が発生、家屋倒壊など大きな被害が出た

埼玉県越谷市内で竜巻とみられる突風が発生、家屋倒壊など大きな被害が出た

気象庁は同日、職員を現地に派遣し、詳しい状況を調べている。

埼玉県警によると、午後6時現在、越谷市で66人が負傷し、うち頭蓋骨骨折の男性(40)と右足骨折の女性(82)が重傷。県によると、家屋の全壊は7棟、屋根が飛んだりガラスが割れたりする半壊は78棟、一部損壊は241棟に上った。

越谷市は対策本部を設置。壊れた屋根にかぶせるシートを住民に配った。午後11時半現在、市内5カ所の避難所に計87人が身を寄せた。

越谷市に隣接する同県松伏町でも、68棟で家屋被害があったほか、トラック1台が突風で横転。けが人は確認されていないという。

また千葉県野田市でも竜巻とみられる突風が吹き、住宅が全壊するなどの被害が出た。同市によると、女性1人が軽傷を負った。

突風が通過したとみられる地域は、越谷市付近から野田市付近まで10キロメートル以上にわたった。

突風は野田市西部を中心に発生、電柱や車も横倒しになった。野田市によると、被害は午後7時半現在、住宅など建物の全壊が8棟、半壊が4棟、一部損壊が141棟に上った。

東京電力によると、同日午後2時すぎ、埼玉、千葉両県と東京都内で6万7556世帯が停電した。突風や雷が原因とみられる。

各地の気象台は同日午後2時すぎ、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県に断続的に竜巻注意情報を出して警戒を呼び掛けていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。