/

この記事は会員限定です

営業運転中の脱線は2件目 防止策は地震想定

[有料会員限定]

新幹線車両が営業運転中に脱線したのは、2004年10月の新潟県中越地震時以来、2回目となる。今回の秋田新幹線の事故では地震は発生していなかった。

JR東日本や国土交通省によると、2004年10月に上越新幹線「とき」が脱線。新潟県中越地震の揺れが原因だった。11年の東日本大震災では、仙台駅構内で東北新幹線の試運転列車が脱線した。

04年の「とき」の事故以降、新幹線には脱線防止設備を相次ぎ投入。揺れを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン