宮崎県の口蹄疫感染疑いの牛、検査結果は陰性

2010/9/2付
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は2日夜、宮崎県えびの市で見つかった家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いのある牛1頭について、動物衛生研究所の施設(東京都小平市)による遺伝子検査の結果は陰性だったと発表した。今回の発見を受けて中止した県内の家畜市場の競りは近く再開される見通し。

宮崎県によると、感染が疑われる牛が見つかったのは県西部えびの市の乳用牛の農場。約400頭のうち子牛1頭に発熱や口内炎症があり、よだれを出していた。農水省による写真判定では口蹄疫の典型的な症状である水疱(すいほう)は確認できなかったが、万が一に備えて採取した検体の検査を実施した。

口蹄疫を巡っては、家畜への感染の危険性がなくなったとして先月27日に、発生確認から約4カ月ぶりに宮崎県の東国原英夫知事が「終息宣言」を出したばかりだった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]