2019年3月23日(土)

NHK、秋場所で大相撲生中継再開 「視聴者からも理解」

2010/9/2付
保存
共有
印刷
その他

NHKは2日、12日に初日を迎える大相撲秋場所で生中継を再開すると発表した。日本相撲協会が8月30日に発表した「暴力団等排除宣言」などで改革の道筋を示したと評価。記者会見した福地茂雄会長は中継再開について「視聴者からも一定の理解を得られる」との見方を示した。野球賭博問題を受け、生中継を取りやめた「異例中の異例」(同会長)の事態は7月の名古屋場所だけで収束することになった。

地上波、衛星、ラジオの各放送で従来通りの午後の生中継を再開する。福地会長は「公共放送として大相撲を中継するのが本筋だ」と強調。名古屋場所で中継しない代わりに放送した午後6時台の録画のダイジェスト番組はやめる。

NHKは30日に相撲協会の放駒理事長から「排除宣言」の説明を受けるなどして秋場所の中継について検討。反社会勢力との交際を禁止し、違反した場合は解雇を含む罰則を適用するなどの対策を評価した。

中継に反対する視聴者の声が収まりつつあることも再開の原因のひとつ。名古屋場所では中継に反対する意見が計約1万6000件に達したが、最近は相撲に関する視聴者の意見全体が1日20件程度にとどまっているという。

福地会長は会見で「大相撲に対する厳しい意見もあるが、中継を楽しみにしている視聴者もいる」と再開への理解を求めた。一方で「新たな問題が発生したときには中継の中止も含めて毅然(きぜん)とした態度で臨む」とも強調。相撲協会に不祥事防止を強く求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報