長期・低線量の影響、見解分かれる

2011/8/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

低い放射線量を長期間被曝した場合の影響は専門家の間でも見解が分かれている。人体には傷ついた細胞を修復する働きがあるため、影響は短時間で被曝した場合の半分程度とする見方もある。ただ科学的データはなく、評価書案をまとめた食品安全委員会の作業部会でも「不明ならば、より安全に考えるべきだ」「放射線のリスクを強調しすぎだ」など議論が対立する場面があった。

「100ミリシーベルトの被曝により、がんになる可能…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]