/

吉国一郎・元プロ野球コミッショナー、元内閣法制局長官が死去

吉国 一郎氏(よしくに・いちろう=元プロ野球コミッショナー、元内閣法制局長官)2日、肺炎のため死去、95歳。告別式は8日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場。喪主は長男、兼一氏。

1972年から76年まで内閣法制局長官。89年に第9代プロ野球コミッショナー就任。歴代最長の9年間務め、プロ・アマ合同の全日本野球会議の発足やフリーエージェント(FA)制度の導入など球界の活性化に尽力した。99年に野球殿堂入り。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン