アサガオの花の寿命を2倍に 鹿児島大など「調節遺伝子」特定

2014/7/2付
保存
共有
印刷
その他

アサガオの花の寿命を調節する遺伝子を特定し、通常の2倍長持ちさせることに成功したと、鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループが1日付の英科学誌電子版に発表した。別の花にも同様の遺伝子が関与している可能性があり、切り花を長持ちさせる技術開発が期待できるとしている。

アサガオの花は通常、早朝に開花して夕方にはしぼみ始める。グループはアサガオの花が枯れるときに活発に働く遺伝子を特定。その働きを抑えたアサガオでは、24時間後まで花が咲き続けた。

植物が枯れるのは、植物ホルモン「エチレン」の作用が原因の一つ。市場で流通するカーネーションやスイートピーはエチレンの働きを抑える処理をすることで日持ちを良くしているが、アサガオやユリ、チューリップはエチレンの影響を受けず、同様の処理による効果が得られない。

同研究所の渋谷健市主任研究員は「日持ちが悪いダリアや1日で枯れるハイビスカスなどを切り花として流通させることに役立てたい」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]