/

この記事は会員限定です

小中一貫校 先行導入の現場 「中1ギャップ」解消など効果

[有料会員限定]

小中一貫校の制度化が3日の政府の教育再生実行会議の第5次提言に盛り込まれ、本格導入に向けて一歩進んだ。一部の自治体では先行して導入しており、中学入学時に学校生活になじめなくなる「中1ギャップ」の解消などに効果があるという。反対の声もあるなか、義務教育の新たな姿として根付くのか――。

2006年4月、全国で初めて公立の小中学校が一体になって開校した東京都品川区の「日野学園」。7月上旬の夕方、期末試験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン