/

米TV局で立てこもり 犯人を射殺、3人解放

【ワシントン=共同】米首都ワシントン近郊のメリーランド州シルバースプリングで1日午後(日本時間2日未明)、体に爆発物を巻きつけ短銃を持った男が、ケーブルTV局ディスカバリーチャンネルの本社ビルに押し入り、3人を人質に取り立てこもった。警察は数時間にわたって説得を試みた末、男を射殺し3人を無事解放した。

米メディアによると、男は「ジェームズ・リー」という名のアジア系で43歳。警察当局者は記者団に対し、男が人質に銃を突き付けたため射殺したと説明した。

ニュース専門局MSNBCによると、男は2008年にディスカバリーチャンネル本社前で同局の番組内容に抗議する活動を続け、同年3月に保護観察処分の判決を受けた。男はウェブサイトで「人間は有害で不潔だ。地球環境を守るため子供を産むのをやめさせろ」などと主張していた。

現場はワシントン中心部の北約20キロ。警察がビルを包囲し、周辺の建物は閉鎖された。ディスカバリーチャンネルは世界最大のドキュメンタリー専門局で、日本でも放送されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン