2019年5月20日(月)

「ネットで爆弾作り方調べた」 薬品窃盗容疑の高校生

2012/5/2付
保存
共有
印刷
その他

爆発物を作るために高校から薬品を盗んだとして、窃盗の疑いで逮捕された北海道日高地方の男子高校生(17)が「インターネットや雑誌で爆弾の作り方を調べた。ピッキングで化学準備室の鍵を開けた」と供述していることが2日、道警への取材で分かった。

道警は2日までに、少年の自宅から火薬とみられる薬品を詰めた鉄パイプ2本を押収。科学捜査研究所で鑑定し、火薬類取締法違反容疑での立件も視野に捜査する。

道警によると、少年は「盗んだ薬品で黒色火薬を作って鉄パイプに詰め、山中で爆発させた」とも供述。道警は爆発の様子を撮影した映像も押収した。「友人に見せて自慢したかった」と供述しているという。

少年は、2月下旬~4月25日、高校の化学準備室の薬品庫から硝酸カリウム入りの瓶や調合に必要な道具など12点(1万円相当)を盗んだ疑いで4月29日に逮捕された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報