メダカ、恋の秘訣は「見合い」 東大が脳の働き解明

2014/1/3付
保存
共有
印刷
その他

東京大の竹内秀明助教と奥山輝大博士らは、メダカのメスが初対面のオスより事前に「見合い」したオスを交尾の相手として優先的に選ぶことを突き止めた。視界に入ったオスを記憶したときに働く脳の仕組みも解明した。3日付の米科学誌サイエンス(電子版)に発表する。

メダカは毎朝、性行動をし、オスが求愛してメスが受け入れれば交尾する。実験では、オスとメスをガラス越しに一晩見合いさせ、翌朝に同じ水槽に移したところ、十数秒で交尾を始めた。見知らぬオスだと、メスが嫌がって交尾までに1分ほどかかった。

見合いしたオス、見知らぬオス、メスの3匹を同じ水槽に入れると、生まれた稚魚の約9割が見合いしたオスの子だった。

メスの脳を詳しく調べたところ、「GnRH3ニューロン」と呼ぶ神経細胞が盛んに働き、特定のホルモンを分泌していた。このホルモンをうまく作れなかったり、人為的に分泌できないようにしたりすると、見合いの効果がなくなった。

この神経細胞が人間にあるかどうかは確認できていないが、ホルモンは共通するという。竹内助教は「将来、人が恋に落ちる仕組みがわかるかもしれない」と話している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]