/

中山研一・京都大名誉教授が死去

中山 研一氏(なかやま・けんいち、本名=乾研一=いぬい・けんいち、京都大名誉教授)7月31日、肺がんのため死去、84歳。告別式は4日午後2時から京都市南区西九条池ノ内町60の公益社南ブライトホール。喪主は長男、乾一郎氏。

専門は刑法。1990年代に政府の臨時脳死及び臓器移植調査会(脳死臨調)で、脳死の法的な問題点などについて意見を述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン