/

日航787、点検でバッテリー容器に異変 機体変更

2日午前6時ごろ、羽田発北京行き日本航空21便ボーイング787型機の出発前点検で、バッテリー収納容器の内外の圧力差に異変が起きたことを示す計器が作動した。日航によると、バッテリー自体に不具合はなかった。同便は機体をボーイング767に変更し、約1時間遅れで出発した。

日航によると、異変があったのは機体後部の電気室内にある補助動力装置用バッテリーのステンレス製収納容器。ボーイング社の作業ミスで、空気の流れを調整するための容器の穴にテープが貼られたままになっていたことが原因とみられる。

ボーイング787はバッテリートラブルにより約4カ月半にわたって運航が停止され、日航と全日空は1日から定期便の運航を再開したばかり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン