チリ北部沖でM8.0 地元当局、津波に注意呼び掛け

2014/4/2付
保存
共有
印刷
その他

【リオデジャネイロ=共同】米地質調査所(USGS)などによると、南米チリ北部の太平洋沖で1日午後8時46分(日本時間2日午前8時46分)ごろ、マグニチュード(M)8.0の地震があった。地元当局は津波の恐れがあるとして注意を呼び掛けた。被害の情報は伝えられていない。

震源地はペルー国境に近いチリ北部イキケの北西約99キロで、震源の深さは約10キロ。チリ北部では最近、小規模な地震が続いていた。チリでは2010年2月、M8.8の地震で津波が発生し、約500人が死亡した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]