GPS波浪計トラブル相次ぐ 南海トラフの津波観測

2014/5/1付
共有
保存
印刷
その他

 南海トラフ巨大地震などで予想される津波を観測するため、国土交通省が静岡県沖から宮崎県沖にかけて設置している7つの全地球測位システム(GPS)波浪計のうち、和歌山、徳島、高知各県沖の機器にトラブルが生じ、いずれも使用できない状態になっていることが1日、分かった。

 波浪計はブイの上下変動から潮位の変化を計測する仕組みで、気象庁は津波の高さ予測の参考にしている。3県沖は海洋研究開発機構の地震・津波観測監視システムなどもカバーしており、国交省は「観測の空白地帯になっているわけではない」としている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

トラブルGPS波浪計GPS津波観測

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 20日 7:01
20日 7:01
東北 20日 7:00
20日 7:00
関東 20日 7:01
20日 7:00
東京 1:50
20日 7:01
信越 20日 7:01
20日 7:01
東海 6:00
20日 22:15
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 20日 6:03
20日 6:02
四国 20日 12:00
20日 6:02
九州
沖縄
6:00
20日 23:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報