2017年11月25日(土)

習慣流産特有の塩基配列を発見 藤田保健大

2011/2/2付
保存
共有
印刷
その他

 流産を繰り返す女性に特徴的な遺伝子の塩基配列を突き止めたと、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の倉橋浩樹教授(分子遺伝学)らが2日までに発表した。英医学誌モレキュラー・ヒューマン・リプロダクション電子版に近く掲載される。

 流産を3回以上繰り返す「習慣流産」は約6割が原因不明だが、倉橋教授は「事前の遺伝子検査で流産を防ぐ新たな治療法につながるかもしれない」と話した。

 「アネキシンA5遺伝子」が産出するタンパク質が、胎児と母胎をつなぐ胎盤で血液が凝固するのを防ぐことは分かっていた。

 倉橋教授らは正常な妊婦と原因不明の習慣流産の患者で、この遺伝子の塩基配列を比較し、患者に特徴的な型があることを発見した。産出するタンパク質が少ないため、胎盤の血液が凝固し、胎児の発育が阻害されているとみられるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報