/

東京の人口、2060年に2割減 ピークは五輪の20年

都が推計 高齢者の割合39%に上昇

東京都は1日、東京五輪が開かれる2020年の1336万人をピークに減少に転じ、60年には1036万人になるとの人口推計を発表した。10年時点に比べ、約2割減少する。人口に占める65歳以上の高齢者の割合は10年の20%から60年には2倍の39.1%に上昇する。地方で深刻になっている人口減と少子高齢化が首都でも一層、進むことが浮き彫りになった。

同日発表した23年まで10年間の都政の「新たな長期ビジョン」(仮称)の骨子案に盛り込んでおり、都は高齢化対策を強化する。

都は10年に実施された国勢調査を基に、5年ごとの人口を独自に推計した。

都によると、10年時点で65歳以上は264万人。60年には407万人に増加すると予測している。一方、経済活動の中心を担う15~64歳は885万人から553万人に落ち込む見通し。60年には15~64歳の1.4人で高齢者1人を支える構図となりそうだ。

また、出生数は10年までの5年間で約53万人だったが、55~60年は約23万人に減る見通しだ。

内閣府によると、10年の全国の高齢化率は23.1%で、60年の高齢化率は39.9%となる見通しだ。現在より、都の高齢化は一層、深刻化していくとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン