JASRAC包括契約、「他業者を排除」東京高裁

2013/11/1付
保存
共有
印刷
その他

テレビ番組などで使われる楽曲の著作権管理事業を巡り、日本音楽著作権協会(JASRAC)の契約方法が同業他社の新規参入を妨げているかが争われた訴訟の判決が1日、東京高裁であった。飯村敏明裁判長は「他の事業者を排除する効果がある」と認定。独占禁止法に違反しないとした昨年の公正取引委員会の審決を取り消した。

2001年の著作権等管理事業法施行で楽曲の著作権管理への新規参入が可能になった後も、JASRA…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]