/

16年前の強盗殺人容疑の男逮捕 三重

1997年4月に三重県上野市(現伊賀市)のビジネスホテルで、フロント係の男性従業員が刺殺され、売上金約160万円が奪われた事件で、伊賀署捜査本部は1日、このホテルの元従業員で工員の久木野信寛容疑者(43)=兵庫県小野市本町=を強盗殺人の疑いで逮捕した。

2010年に殺人罪などの公訴時効が撤廃されたのを受け、三重県警が現場に残された微物のDNA鑑定などを改めて実施。警察庁によると、捜査本部が設置された殺人や強盗殺人事件で発生から15年以上たってから、手配されていなかった容疑者が逮捕されるのは今回が初めて。

逮捕容疑は97年4月13日午前2時ごろ、上野市桑町(現伊賀市上野桑町)の「ホテルキャッスルイン上野」で、フロント係の水野省造さん(当時48)の胸や背中を刃物で複数回刺すなどして殺害し、事務所内にあった金庫などから現金を奪った疑い。認否は明らかにしていない。

捜査本部によると、久木野容疑者は90年秋から約2年間、このホテルにフロント係などとして勤務していた。久木野容疑者は当時、数百万円の借金を抱えていたといい、捜査本部は売上金が目的だったとみている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン