/

出生届に「婚外子」記載不要に 兵庫・明石市、全国で初

兵庫県明石市は1日、結婚している夫婦の子(嫡出子)か嫡出でない子(婚外子)かを尋ねる項目を削除した出生届の使用を同日から開始したと発表した。法務省によると、嫡出子に関する記載のない出生届は全国初。

従来の出生届には「嫡出子」「嫡出でない子」のいずれかにチェックを入れる項目があった。今後は新しい出生届と従来のものの両方を用意するとしており、市民は希望する方を使用できる。

最高裁第1小法廷は9月26日、出生届に嫡出子かどうかの区別を記載するよう義務付けた戸籍法の規定は「必要不可欠とはいえない」との初判断を示した。今回の措置について泉房穂市長は「多様性に寛容な方が居心地のよい社会になると考えており、最高裁判決などを受けて市としての対応を決めた」としている。

出生届の嫡出子の記載を巡っては、法務省が2010年3月、チェックに記載がない場合、自治体職員が本人に確認した上で、出生届の「その他」の欄に「母の氏を名乗る」「母の戸籍に入る」などと記載し、受理するよう通知している。明石市は新しい出生届について「法務省の通知の範囲内の運用」としている。

法務省は「(現段階では)省令で定めた様式に反し、違法となる可能性がある。神戸地方法務局が是正勧告などを行う可能性もある」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン