/

「また逢う日まで」 歌手の尾崎紀世彦さん死去

ヒット曲「また逢う日まで」で知られる歌手、尾崎紀世彦(おざき・きよひこ)氏が5月31日、胃がんのため東京都港区の病院で死去した。69歳だった。告別式は近親者のみで行った。喪主は兄、彰彦氏。

コーラスグループで活動した後、ソロデビュー。1971年に「また逢う日まで」が日本レコード大賞と日本歌謡大賞を受賞した。濃いもみあげと力強い歌声が人気を集め、テレビ番組などで活躍した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン