予防接種法改正案を閣議決定

2013/3/1付
保存
共有
印刷
その他

政府は1日、子宮頸(けい)がん、小児用肺炎球菌、細菌性髄膜炎の原因となるインフルエンザ菌b型(ヒブ)の各ワクチンを、来年度から定期接種に加える予防接種法改正案を閣議決定、衆院に提出した。3ワクチンは現在、任意接種。2010年11月から全市町村で接種費用が助成されており、今年度まで期間が延長されている。厚生労働省が恒久化する方針を示していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]