/

「喜多方ラーメン」商標登録認めず 最高裁

地域団体の上告退ける

福島県喜多方市のラーメン店でつくる団体が、「喜多方ラーメン」の商標登録を認めなかった特許庁の審決取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は1日までに、団体側上告を退ける決定をした。団体側敗訴が確定した。

地域ブランド振興を目的に2006年に創設された「地域団体商標制度」に基づき、同市のラーメン店の協同組合「蔵のまち喜多方老麺会」が同年に登録を出願。

登録にはブランドの知名度アップに貢献した実績が要るが、知財高裁は10年11月の判決で「老麺会だけでなく市外の多数の店が『喜多方ラーメン』を掲げた店を展開している」と指摘。老麺会の実績だけで喜多方ラーメンの知名度が上がったわけではないと判断、請求を退けた。

地域団体商標は登録されると登録団体以外の使用差し止めや賠償請求などが可能。特許庁によると、これまでラーメンで認められたのは「和歌山ラーメン」と「米沢らーめん」のみ。特許庁の審決取り消し請求訴訟は知財高裁が一審となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン