/

この記事は会員限定です

芥川賞、ノーベル賞 受賞者の出身高校は

[有料会員限定]

新聞・雑誌などに発表された純文学短編作品で、最も優秀な新人に与えられる芥川賞。日本文学振興会のデータなどをもとに、過去147人の受賞者の出身高校を調べたところ、旧制中学時代などを含め3人の卒業生が受賞した高校が少なくとも4校あった。

高 校作 家作 品受賞年
福島県立
安積高校
中山義秀厚物咲1938
東野辺薫和紙1943
玄侑宗久中陰の花2001
東京都立
九段高校
清水基吉雁立1944
安岡章太郎悪い仲間・陰気な愉しみ1953
近藤啓太郎海人舟1956
私立
麻布高校
吉行淳之介驟雨1954
北杜夫夜と霧の隅で1960
藤野千夜夏の約束1999
東京都立
日比谷高校
柏原兵三徳山道助の帰郷1967
庄司薫赤頭巾ちゃん気をつけて1969
古井由吉杳子1970

このうち3校が東京都の高校だ。古井由吉さんら3人を輩出したのは、都立日比谷高校(東京・千代田)。1878年に文京区に東京府第一中学として開校。東大合格者数のランキング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン