高齢女性の骨粗しょう症と石灰化、同一たんぱく質原因 阪大

2010/7/2付
保存
共有
印刷
その他

大阪大学の中神啓徳教授と森下竜一教授らは、閉経後の高齢女性に多い骨粗しょう症と動脈硬化現象の一つである血管の「石灰化」が、同一のたんぱく質によって起こることを細胞や動物を使った実験で突き止めた。このたんぱく質を抑える骨粗しょう症の薬が石灰化の予防や治療にも役立つ可能性があるという。成果は米心臓病学会の専門誌(電子版)に2日掲載された。

実験で突き止めたのは「RANKL」というたんぱく質で、骨を壊す細胞の働きを活性化させる。骨がもろくなる骨粗しょう症は、女性ホルモンのエストロゲンが閉経によって減った高齢女性に多い。エストロゲンはRANKLの働きを抑えているが、量が減ると抑えきれなくなる。

研究チームは、骨粗しょう症の治療法として知られるエストロゲン補充療法を閉経女性に実施すると、動脈硬化現象の一つで血管が硬くなる石灰化が減ることに着目。RANKLが石灰化にも関係しているか調べた。

ヒトの血管細胞にRANKLを加えると、石灰化が進行した。そこでエストロゲンでRANKLの働きを抑えると、石灰化も止まった。骨粗しょう症と石灰化をともに起こすマウスにエストロゲンを補ったところ、これらの症状を改善できた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]