ニート自立は軽作業から 各地で成果、国も支援へ

2013/2/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一般的な仕事に就く前に簡単な作業を通じて働くことに慣れていく「中間的就労」が、生活保護費の抑制策の一つとして注目されている。引きこもりやニートの自立を後押ししようと自治体などが就労の機会を提供する取り組みが徐々に広がっており、成果も見えてきた。さらなる普及・定着を目指し、厚生労働省は企業の協力を促す仕組みづくりを検討している。

「0は装着、1は装着しないという指示になる」。栃木県高根沢町の発光ダ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]