/

この記事は会員限定です

輝く心、4年後へ 真央、最後はスマイル

[有料会員限定]

熱戦の地に再びともった聖火が各国の選手の笑顔を輝かせ、そして静かに消えた。雪と氷の中で17日間、繰り広げられた技と美のドラマが28日(日本時間1日)、フィナーレを迎えた。日本選手団の旗手を務めた浅田真央選手(19)は銀メダルを胸に、晴れやかな"真央スマイル"で日の丸を振った。「応援に感謝」「もっと頑張る」――。選手たちの万感の思いをのせた五輪旗は4年後、ロシア・ソチの冬空にはためく。

【バンクー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン