2019年4月23日(火)

返済期間不明示なら利息返還義務 リボ払いで最高裁

2011/12/1付
保存
共有
印刷
その他

消費者金融で毎月一定額を返していく「リボルビング払い」で、あらかじめ確定的な返済期間や返済額が契約者に知らされていなかった場合に、貸金業者は過払い金に利息を付けて返還する義務を負うかが争点になった訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は1日、利息を払う義務を負うとの判断を示した。

最高裁は2005年12月に同趣旨の判決を出したが、それ以前の契約を巡る訴訟では地裁や高裁の判断が割れていた。同小法廷は「漫然とした借金の繰り返しを避けるには、完済までの期間などの把握が必要で、その記載をしなかった業者は利息分を上積みする義務を負う『悪意の受益者』に当たる」と指摘した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報