/

甲府市立病院、説明会で謝罪 放射性物質の過剰投与

甲府市立甲府病院が日本核医学会の推奨基準を超える量の放射性物質テクネチウムを子どもへの検査で投与していた問題で、子どもの家族ら約50人が1日、甲府市で集会を開き「被害者の会」を設立した。集会に先立つ合同説明会では、病院側が過剰投与の経緯を説明し、謝罪した。

集会では、病院側の説明について「健康被害に対する補償問題があいまいだ」との声が上がり、病院を経営する甲府市の宮島雅展市長に要望書を提出する方針を決めた。今後は過剰投与の再発防止にも取り組むという。

病院が開いた合同説明会は約150人が参加。小沢克良院長が「患者やご家族に不安を与えたことを心からおわびします」と謝罪した。病院側は放射線部の男性技師長補佐(54)が成人の基準(185メガベクレル)を超える600~1000メガベクレルの投与量を他の技師に指導していたと説明。投与量を増やしたことで鮮明な画像が撮影でき、通常で30~40分かかる検査が10分程度短縮されたことも明らかにした。

出席者からは、技師長補佐が「子どもは動き回るので、鮮明な画像を短時間で撮る必要があった」と病院側に説明していることについて「子どもは麻酔で眠っていた。理由は後付けにすぎない」との批判や「本人が来て謝罪すべきだ」などの声が上がった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン