/

香港籍貨物船と日本漁船が衝突 石川沖、けが人なし

1日午前1時半ごろ、石川県加賀市の橋立港の西約16キロ沖合で、同県漁協加賀支所所属の漁船「第2大栄丸」(約15トン、5人乗り組み)と香港籍の貨物船「大平」(5275トン、18人乗り組み)が衝突した。負傷者はいなかった。

福井県の敦賀海上保安部によると、2隻とも自力航行可能で、油の流出も確認されていない。同海保が事故原因を調べる。

漁船は底引き網漁を操業中、貨物船は富山港から敦賀港にコンテナを運ぶ途中だったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン