/

「四つ葉」マークお目見え 高齢者ドライバー用

幸運を象徴する「四つ葉のクローバー」をモチーフにした新たな高齢者ドライバー用の標識が1日、お目見えした。道交法施行規則の施行を受けたもの。旧デザインの「もみじマーク」も当分の間、使用できる。

「もみじマーク」が「枯れ葉」の印象を与え不評だったことから、警察庁が新たな標識を公募。集まった約1万5千点から、最も人気の高かった四つ葉が採用された。70歳以上が対象で、自動車の前面と後面に表示することが努力義務となる。

イエローハット用賀店(東京・世田谷)はマグネットと吸盤の2タイプを店頭に準備。工藤章広店長(38)は「明るい色合いでイメージが良く、着用する抵抗感も少ないだろう」と話す。購入した男性(69)は「もうすぐ70歳なので買った。高齢者とみられるのは恥ずかしくもあり、実際に張るかはよく考えて決めたい」と話していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン